Underber_Yuba

16番ゲージ(HOゲージ)の加工や制作について、備忘録代わりに綴っていきます

エンドウのキハ110/111/112キットを組み立てる(2) 完成

エンドウのキハ110系ですが、完成しました。

キハ110&111

ヘッド・テールライトのチップLED化とあわせて、前面の行先方向幕も点灯化加工しました。また、行先幕の位置がちょっと上すぎる気がしたので、t0.5のプラ板で高さを調整しています。

ライト回り

室内灯はいつものテープLED、側面方向幕はサイドビューLEDで照射しています。

また、ヘッドライト直上のおでこの部分は透けてしまったのでラピーテープを貼って遮光しました。

前面灯火類

半自動SWはドンピシャ形状のものはなかったので、トレジャータウンの8201-04 半自動スイッチの(C)を貼り付け、レタ類を貼り付けた後、半光沢クリアーを吹いています。

 

初校では優先席を作っていませんでしたが、優先席も作ることにしました。

面倒でしたが塗装で再現しています。台車はエンドウのDT50、台車から出ているケーブルもエンドウのスピードメーターケーブルを取り付けています。

優先席

キハ110の床下はご覧の通りです。

コストカットとTNカプラー取り付けのため、片台車駆動としています。ギヤ側はIMONカプラーを取り付けています。

ギヤ構成は、LN12+IMONギヤ(13:2)+シリコンチューブです。

キハ110

キハ112も同じく片台車駆動としています。

しかし、この車両はキハ111のほか、キハ110と変態連結も可能なように、両側IMONカプラーを装備しています。

キハ112

キハ111はT車です。こちらもいろいろな編成が組めるように、片側をTNカプラーとしています。

キハ111

床下機器はなんとか滑り込みで純正品を入手することができました。

 

これで水郡線(&只見線)プロジェクトはひとまず終了です。

資金に余裕ができたらKATOのキハ110(-200)も入手しようと思います。

KATOのEF81-95(1-322)を整備する(5)

さて、前回は裾部の塗装もやり直したところで気温も下がり、やる気も下がってしまいました。

今年もいいシーズンがやってきましたので、一念発起してクリアーを吹いていきます。なお、換算標記はくろま屋さんに色替えをお願いして作っていただきました。

EF81-95 換算標記

世の中にはシンガーフィニッシュが上手な方もたくさんいらっしゃいますが、僕はセンスも勇気も技術力もないので、いつも工場出場直後のピッカピカな姿を再現しています。

ということで、今回もしっかり光沢クリアーを吹きます。

EF81-95 ツヤテカ

いやぁ、見事な厚塗りですね。

そして、混入する埃(黒系)

EF81-95 ホコリ混入

白系なら無視して完成なんですが、黒系は目立つやろがい・・・

嫌ですが、しっかり乾燥させてホコリを除去して再度クリアを吹きます。。。

大阪亀屋の四国2000系キットを組み立てる(1)

大阪亀屋(ISLAND WORKS)の四国2000系を組み立てます。

上級者向けということですが果たして組み上げられるのだろうか・・・。

 

ひとまず、ドア下のステップとアングルを取り付けました。

キハ2000

中間車1両はWONDER WORKS版なので結構構造が違います。なるほど、こうやってコストを抑えて安く出せているのですね。

組み立ては廉価版のほうが楽そうです(笑)

 

去年末の4社合同イベントで売られていたN2000系キット、やっぱり買っておけばよかった。。。

 

 

瀬戸は夕焼け 明日も晴れる 二人の門出 祝っているわ

TOMIXのオハネ25-0北斗星仕様(HO-552)からオハ25-501を制作する(3)

青塗装を行い、くろま屋の帯・ロゴ・車番のインレタを貼り付けました。

青色はTOMIXに寄せようと頑張って調色しましたが全く違う色が完成し、仕方ないのでマッハの青20号を塗りました。

 

所属表記類はまだ貼っていませんが、貼らないで行くかもしれません。

なお、JRロゴはくろま屋のインレタに含まれていませんので、別途用意したものを使用しています。

f:id:Underber_Yuba:20210901020639j:plain

反対側です。

こちらもJRロゴは別途手配したものを貼り付け、それ以外のロゴ等についてはくろま屋のインレタを使用しました。

f:id:Underber_Yuba:20210901020650j:plain

後はドアレールの色差しを行い、クリアを吹いたら車体は完成です。

車内はいったんそのままかな・・・。

エンドウのキハ110/111/112キットを組み立てる(1)

東日本のローカル線の主役(?)キハ110。

水郡線小海線只見線などいろいろなシーンになじむ車両ということで、確保しました。

KATOの200番台も良いのですが、片運転台車も欲しいのでエンドウのキットを3両確保しました。

まぁ、乗るならヨンマルですがね・・・。

f:id:Underber_Yuba:20210818020117j:plain

塗装済みキットということで車体や屋根板などの基本的な個所の彩色は住んでいますが、屋根上のダクトや排気管などが未塗装ですので、このあたりを塗装することにします。座席パーツについてもそれっぽい色で成形してありますが、変色しそうですので塗装します。

また、袖仕切り板を作成します。

それにしても、屋根の手すりパーツは着色済みのものがついているのに、前面や乗務員室扉の手すりは真鍮線だけ入っていて各自で作れっていう仕様はどうなの?しかもご丁寧に取付穴はあらかじめ開けてあり、手すりを付けないという選択肢はありません。せめて下穴だけにしておいて、作るかどうかはユーザーに委ねる方法とかにできなかったのかな?

f:id:Underber_Yuba:20210818020121j:plain

座席と室内パーツです。

座席は、赤系はガイアのローズピンク、青系は同じくコンテナブルー、床板は同じくニュートラルグレーIIIにそれぞれを少し混ぜて着色しています。ボックス席は塗装後にタミヤのエナメルカラー スカイグレイを筆塗りしています。優先席はねずみ色1号あたりで塗装しようと考えています(塗り忘れた)

なお、袖仕切りやトイレ、乗務員室仕切りなどの室内パーツは日光のクリーム10号で塗っています。

f:id:Underber_Yuba:20210824014546j:plain

さて、鬼門の手すりですが調色しました。日光の白にMr.color340 フィールドグリーンFS34097とガイアのニュートラグレーIIIを少々垂らして整え、珍しくドンピシャの色になりました。

下回りはガイアのニュートラルグレーII、ダクトや通風器等の屋根上機器は同じくねずみ色1号、排気管は同ニュートラルグレーV、屋根板はコントラストを付けるためにMr.color13のニュートラルグレーで再塗装しています。クーラー本体は製品そのままです。

f:id:Underber_Yuba:20210824014541j:plain

なお、台車の取り付け方法がいまいちよくわからなかったので、とりあえカツミのセンターピンセットで取り付けました。
付属のバネを使うんだろうというのは想像がつきますが、使い方がイマイチよくわかりません。スペーサーどうすんの?とか。

とりあえず全体組み終わったら車高を調整したいと思います。

KATOのオハネ25-560(1-565)からオロハネ25-553を制作する(1)

さて、KATOのオハネ25-560(DUET)からオロハネ25-553を作成します。

まずは真ん中付近の窓を6枚埋めます。この部分の窓パーツを切り取って接着し、パテを盛って成形します。

f:id:Underber_Yuba:20210530231415j:plain

大まかに修正したらケガきます。ま、ぶっちゃけだいたいの位置です。

f:id:Underber_Yuba:20210628025727j:plain

窓を開け、全体にサフを吹きました。

窓は何かの改造で余ったハネの個室の窓パーツを合わせながらピッタリの大きさに削っています。

やはり上段の窓埋め部分がまだまだガタガタです。しっかり整形していきます。

f:id:Underber_Yuba:20210818020051j:plain

 

TOMIXのオハネ25-0北斗星仕様(HO-552)からオハ25-501を制作する(2)

 

前回からさらにやすり掛けを行いました。まぁまぁうまくいったでしょうか。
仕上げに1500番のサフを吹いてみました。

これでよさそうです。車内はどうするか、いまだ検討中。

f:id:Underber_Yuba:20210818020056j:plain
f:id:Underber_Yuba:20210818020100j:plain

しかしネットを巡回していたらすごい作例を発見してしまいました。

正直なところ北斗星には憧れはあるもののそこまで思い入れはないので(結局乗れなかったので・・・)、そこまでやる気を出すかどうか悩ましいです。

罪キットも消化しないといけないし。

 

今日はここまで。